読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

女性の歌詞に揉まれて

最近「すっとこどっこい」という女性バンドがラジオ出演しているのをたまたま聞いた。
パンクサウンドで「あの娘のおっぱい揉まないで♪」と耳を突く。
ものすごくインパクトがあった。音大卒で鋭い歌詞を歌うバンドらしい。ダメな自分についての歌詞や下の話も割とあり、聴いてるこっちがドギマギというか、苦笑いというか。
ただ嫌な感じもしない。ものすごく正直に心情を吐露している歌詞なので、聞く側の共感もあるんだろう。尾崎のようで別物笑

女性の歌詞は心の奥に響いてくるものが多い(先の「揉まないで〜」は一先ず置いておいて笑)。男の歌詞でも心情に訴えかけるものも多いけど、殆どが羨望だったりただ女々しいだけである。女性のはそれとは少し違う、強さとか許容とか包容力みたいなものを感じる。そう思うと女々しいという言葉もなんか変な感じがするな笑
男はいつまで経ってもマザコンなのか、どっか何かに頼る感じ。内向的で色んなものに依存してるのも、男の方が多い気がする。酒、タバコ、女然り。

自分そんなにJPOP聴かないけど、耳にするだけでも、歌詞のいい女性アーティストはいるなと感じる。
宇多田ヒカル、ドリカム、aiko中島みゆきユーミンCocco
ドキッとさせられるのはいつも女性の歌詞。

ホント女性は根っこが強い人が多い。知らない土地に一人出されても、対応能力が高い。グローバルにも強い。どこでも誰とでも仲良くなれるし、言葉わからなくても、日本語ででもコミュニケーションとってる笑

だから男はそういう部分含めて女性に惹かれるんだろう。すげーって。
しかし、女性から男性の歌詞を見るとまた違う視点があるのかな?母性本能くすぐるのかな?