読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

枕なしで電気羊の夢を見れるか

これまでどれだけの枕を買って試してきたことだろう。低反発枕、高反発枕、医者考案枕、高級ホテルのような枕…
未だに運命的な出会いはない。
買った時は待ち人が来たように感じた枕でも、一週間後には相性の不一致でお別れしたものもある。
こういう人は結構いるという話よく聞く。

なかなかこういううまくいかない負のループに入ってしまうと、視野も狭くなりお金をかけなければいいものに出会えないと考えがちになる。逆の発想を考える余裕もない。人は物事が上手くいかないと自ら選択肢を狭めていくものだなぁ。

逆の発想、そう枕無しで寝るということ。常識に囚われていると、どうしても枕は寝るときにはなくてはならないものと考えてしまうけど、枕無しならどうなるか。足すんじゃなくて、引くという発想。
こんな簡単なことを今まで試したことがなかった。

きっかけは今通っている病院の若い綺麗な女医からの勧めがあったから。人が何か変わろうとするきっかけは大体こんなもんである笑

確かに枕があると、頭の置き方次第で首の形状が変わってくる。前に屈曲するか、後ろか。女医が言うにはこの屈曲の状態でいることが、血管や神経を圧迫し、肩こりや首痛の原因となるとのこと。
今回は若い綺麗な女医さんにすごく素直に従った笑

実際枕がないと、首が屈曲することがない。首の力がいい感じに抜けている。ただし違和感ありまくり。だって生まれてこの方ずっと枕を使って寝てたのだから。
試して1週間経つが、体の不調はないので悪くないかもというのが実感である。

しかし問題もある。寝返りが基本出来ないということ。また横向きになると、首が横に曲がってえらいことになる。しかしこれはうつ伏せ気味目になれば大丈夫だと、枕を使わないという知り合いの女の子から聞いた。皆んな色々工夫してます。

年々柔軟性がなくなり硬くなっていく。歪めた状態でいるとそれを一生背負っていくことになる。
なるべく歪めずまっすぐでいたいものです。体だけでなく心も。いい夢見られますように。