読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

オールドマン

いきつけの喫茶店でブログの手直ししてる時、隣の席に男の老人三人が座った。どうも全員70歳オーバーで、一人は会話から80歳を超えてるようだ。その1番のお年寄りの両耳には補聴器がセットされている。勘のいい人ならもうお分りだろうが、補聴器つけてる人は喋り声が大きいのである。ブログ作業に集中できない状況となってしまった。こんなことで集中力がなくなるなんて、まだまだ修行が足りない。
耳が聞こえにくい以上声が大きいのはしょうがないことなので、その人たちの会話を聞くことにした。諸先輩達が何を喋っているのか。

補聴器:
「遊びに行くことは大事だよ。
この前〜行ってきた。」

相手:
「俺最近外出してない。」

補聴器:
「一人でいてはいけないよ。
今度老人ホーム見学しに行く?
女の人がいるぞ、若くはないけど笑
おしゃれでいることも大事だよ。
会話もできるし、ヨガとか体操できるし。」

会話の内容から、補聴器おじいさんが一番エンジョイしてる感じ。大きな声で、老人ホームの勧誘してるし、旅行の自慢話してる。体の不自由さなんて全く気にしてない。

元気のある人はどんな状況に置かれても、どんな場所だろうと、楽しむんだろうな。
それに比べて元気のない人、ネガティヴな人はどんなに環境が恵まれててもどこか孤独な生活になるんだろう。人が離れていく、運も同じく。

今の自分がどうか。あの補聴器のおじいさんみたいに元気でエンジョイしてるかというと、そうでもないな。なんかケチつけたりして…もっと素直でいたら楽しめることもあるんだろうに。

これはダメ、あれはダメなんて言わず、今ある環境の中で楽しめる能力をつけることは、今後年を取って生きていく上で、大切なことのように思う。誰かが言ってた「料理を作るときは、他人の冷蔵庫でなく自分の冷蔵庫にある食材で作る」という言葉を思い出した。無い物ねだりはダメだと。

ニールヤングのようにそんな曲を書いてみるか?