読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

違和感

今野球好きの人間にとって、ビッグイベントで盛り上がってます。そうWBC
各球団の主力が一堂に集まり、日の丸を背負い戦ってる。
個人的にはもう少しリラックスしてプレーして欲しいと願うのだが、それと共にどうしても気になることがある。ヤクルトの山田の髪型にどうしても違和感を覚える。
野球の素人が見てもホントにいい打ち方してるなと思う天才なのだか、ヘルメットを脱いだときのあの髪型が気になってしょうがない。昔のコントでの子供のズラのような髪型。
なんであの年俸貰ってて、あの髪型なのか。いや、あの年俸だからこそできる髪型なのか。

天才の違和感。

イチローのTシャツ、ジーンズの裾の折り目
筒香スペイン語

ビートたけしの首回し
タモリのサングラス
松っちゃんのマッチョ体型

ジョンレノンの丸メガネ
ジミヘンのストラト
マークボランのキラキラ感
デビッドボーイの変化
岡村ちゃんダンス
永ちゃんのタオル、自動運転
マッキーの福耳とピアス

ゲスさんの髪型
エルトンジョンの髪型(これは違うか笑)

一般人じゃかっこ悪く見える事を威風堂々とする。孤高である。

だから常人は決して天才のマネをしてはいけない。最悪人生が壊れる。そんな人結構います。

ただ最近天才の破天荒さにケチをつける人が多くなってきてるので、それによって才能が潰されてる気もするなぁ。

人との違いをコンプレックスとせず、個性として開花させ、人に何かわからない違和感を与えて、気になる存在として君臨する。それが天才。

ちなみに自分の場合、自分の中で感じる違和感を歌詞にする事が基本です。そんなのは基本のことかな…