読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

嫌われる勇気はお嫌い?

ベストセラー本であるアドラー心理学について書かれた「嫌われる勇気」。これをもとに、刑事ドラマとして脚色されたドラマが最近やってるらしい。一回も見たことないが。ちなみに香里奈は大好きです 照
で、そのドラマがアドラー心理学会から講義じゃなくて抗議を受けてるというニュースを読んだ。異なる見解を広めているとのこと。

人間関係で色々と考えてたときに、本屋で大量に山積みされた「嫌われる勇気」という題名の本。少し立ち読みして、衝撃を受け、買いたい衝動に駆られてご購入という本屋の思うツボで読んだ人も多かったろう。煽りもあるよね笑 読んでみてそれなりにメモったりして、感銘を受けた、その時は。すぐ忘れられちゃうんだけど。

「嫌われる勇気、そうだよ、好かれるために気を遣って、ぺこぺこしなくてもいいんだよな。」
➡︎
「まぁ嫌われてもいいや」

この発想になってしまい、人に積極的に関わることを止めたため、人間関係がよそよそしくなっちゃった。
典型的に間違った浅はかな理解だったかな…

他に
褒める叱るではなく感謝
相手を無条件で信頼

これらも、言葉通り真に受けて実践してみても、相手が自分の想定通りの反応してくれる訳でないので、余計イライラしたり傷つく。

アドラーは勇気の心理学と言われてる。でもこれだけではわからない。
なんか住んでる次元が違うのかなぁ。

意識高い系な人間関係の中では非常に効力を発揮しそうな気がするが、非常に意識低い系の間柄では、痛い目に遭いそうである。

アドラー心理学は正しく理解するのが難しいと言われてる。

人についつい合わせて、行動できないという自分の殻を破れない人にとっては、有益なものであると思う。
でもあまり考えずに鵜呑みにすると、自分の思ってない結果に落胆する。
まぁ興味のある人は気をつけてね〜