読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

歌詞忘れ

練習はウソをつかない。確かに本当にそう思う。しかしどんなジャンルの名手でも本番でミスをする。練習通りやるだけなのに。

歌詞なんて、スポーツと一緒でルーチン的なものなので、しっかり練習してれば体が覚えてるものである。

でもやらかしてしまう。練習時にはない何かがふと入ってくるから。

集中力を乱すその何かとは?

あの人聴いてくれてるなぁ
あいつ聴かずにスマホ見てる
あの人エロいなぁ
あれ、次のフレーズどうだっけ?
早くステージ終わらないかな
終わったら何食おう

煩悩まるけである。

桑田佳祐がよく歌詞間違えると聞く。
ジョンレノンのCome Togetherのライブ映像をよく聴いてると、歌詞間違いだらけ。
でもお二方堂々と間違っても歌ってる。
内心どうなんだろう。

また自意識過剰による緊張もミス誘引のひとつでしょう。
アマチュアのライブ観てると、「もう緊張しちゃって全然ダメです」と自己弁護する人いるけど、観てる側からすると、そうなの?って感じなんだけどね。ど緊張してることの表現力がすごい人もいるけど笑
緊張は集中力をあげるのに必要だけど、心が囁くネガティヴな語りかけに反応するとダメ。
「みんな見てる、ミスしたらどうしよう…」

煩悩による集中力の低下と自意識過剰な緊張がミスを誘発する。
本来進んでいく曲の時間軸上でつまづいてしまう。

まぁライブはノリなので、誰も歌詞間違えなんて気付いてない。気にしてるのは本人だけである(静かな曲歌ってる人だと、モロバレるんだろうなぁ)。

簡単な歌詞にして間違えリスクを減らすのも手なんだけど、まだ単純に表現できるほど成熟してないしな。

結局誰もが行き着くところは一緒で、練習と場数。
できれば、間違えた時のリカバリ反射神経を鍛える。
もしくは歌詞自動生成能力を磨く。
これはある意味才能かな。テレビで毎回歌詞を勝手に変えてしまう歌手がいるってやってたけど、あれはすごいわ、プロ。
適当な人、憧れる。

そして間違っても緊張してても堂々としてればいい。
自己弁護はダメ。
でも脇汗でバレちゃう笑