作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

写真

写真って不思議。


同じiPhoneで同じ構図で撮る写真でさえ、撮る人違うと全然違う。センスが出る。
まぁセンスがない人にはその違いすら気付かないようで…

 

高知桂浜の坂本龍馬像、これをバックに記念撮影をツレに任せたら、龍馬の頭がフレームから切れてる。何を撮ろうとしたのかわからん。
撮るとき何を考えてるか聞いてみたら、何も考えてないって…そうだろうなぁ。

 

見ててつまらない写真は、まずこの何も考えてないやつ。
あと思いっきり型通りというか教科書通りのやつ。
奇をてらいすぎてる。
意味が深すぎて伝わってこない。

 

これって歌詞にも言えるよなぁ。
カメラがレンズを通した世界なら、詩は言葉を通した世界。
同じ題材でも、人により全く違う作品になる。

 

センスってなんだろうか。
印象に残る何か。
ふと気付くような何か。
あっと思わせるような何か。
一言から、大切なことを思い起こさせる。
普段口に出せない普遍的な想い。
感じる違和感…

 

女性の方がセンスを持ってるように思う。
男はねぇ…

 

僕ちゃんの世界
あなたと私の世界
想いのゴリ押し。
カッコつけ。

どストレート。


自分もわかっちゃいるけどやめられない。
うーん。