作詞のネタ帳

日常や社会の出来事に対して自分の心に引っかかったことを元に作詞していますが、この心の動きを公開し、また作詞のアイデアとして使う目的で始めました。書いてる歌詞の意味がバレルかも(笑)

素顔のままで

先日、本屋であるタイトルの本に目が止まった。


「もし文豪たちがカップ焼そばの作り方を書いたら」


何だろうと手にとってページをめくると、日本の有名な文豪やエッセイスト達が、もしカップ焼そばの作り方について書くとしたら、こんな感じのことを書くんじゃないかというのをその人になりきってパロディー風にまとめた本だった。こういうものを文体模写と言うらしい。これをわかりやすく言うとモノマネ番組でよくある「もしAさんが〜をしたらこうなる」みたいなもの。少なからず文芸モノは好きなので、好きな作家、例えば太宰治夏目漱石などのページは、彼らの文体がわかってるだけに思わずにニヤっとしてしまう。星野源など最近の人もあり、彼なんかは話の最初に「…は嫌いである」など否定や自分ができないことから入ることが多いので、よく特徴を押さえてるなぁと感心した。
で、こういうジャンルのもので思うのは、知ってる人にはバカ受けするほど面白いものであるけど、知らない人にとっては、何が面白いのか全くわからないというものであるということだ。決して万人受けするものではないニッチな笑いだ。

これと同じような楽しみを、音楽を演奏している人で僕は見ている。そこには意識的な人と無意識的な人がいる。意識的な人とは完全なコピーものとして演奏してる人。無意識的な人とは、オリジナルを演奏しているのだが、ありありと影響を受けたミュージシャンがわかる人。意識的な人も無意識な人も、その敬愛するミュージシャン愛が滲み出ている。知ってるミュージシャンであれば歌い方、格好などで影響が簡単にわかるので、見てて何か微笑ましく、あまりに似かたが絶妙だとやるねって感じでクスッと笑ったりする。

しかし大きなお世話だけど、この無意識的な人は注意が必要だ。意識しないとオリジナリティーがいつまでも出ず、ずっと模写から抜け出せない。終いには先の本のように笑いになってしまう。この大好きな人の影響を無くす、いやほんの少しだけでも少なくする作業が最初は意外と難しいのである。自分の経験上でも何をどう作っても、大好きなミュージシャンぽくなってしまう。オリジナリティーを持つというのは簡単な作業ではない。でも辛くても離れなくてはならない。ホントにその人のことが好きだからこそ離れなくてはならない、大人の恋愛みたいに、違う?笑
バンドは適度に他のメンバーの個性が嫌でも混じるので、オリジナリティーが出やすいけど、個人は好きの幻影から抜け出すの大変だろうなぁ。
参考までに自分がやった脱却するための一つの方法は、客観的に自分と雰囲気の似てるミュージシャン、できればそんなにファンでない人の要素を取り入れることだ。大好きなミュージシャンは自分と正反対的なことが多い。だからこそ憧れるんだけど、そこが痛さの原因にもなる。だってあまりにも自分から遠い存在だから。だからこそ客観的に自分と似てる人で、評価されてる人を真似して一部取り入れてみると新しい道が見えてくる。敷居も低いだろうし、好きな人からの脱却の一助にもなる。

世の中のどんな偉大な芸術家も人の影響を受けてない人なんて一人もいない。誰かの影響を受けた人が、更に自分の個性をプラスして新しいものを作り、フォロワーができ、更にそのフォロワーがまた新しいものを作っていく、そういうことが昔から連綿と続いて今がある。最初は真似して勉強して、どこかでオリジナリティーをプラスする。その自分にしかないオリジナリティーを作ることがある意味使命であり、それがこの人っぽいというやつになる。
最近ロックなんかはクラッシックやジャズなどのように、ジャンルとして完成されてしまったのか勢いがない。でも終わったと思ってしまうと、そこで話が終わってしまうので、新しいオリジナリティーがまた新たな波を作ることを期待しつつ、自分にも期待して。

 

見つめていたい

最近僕の周りが有名人だらけ。
と言ってもそっくりさんですが笑
ここ数ヶ月で

藤井四段
沢尻エリカ
小保方さん
サカナクション
アリtoキリギリス 石井
貴乃花

渋いところで
寺山修司
坂本龍馬(写真)

がいる。
そんなにそっくりかと問いただされると、自信はないけど、その人が醸し出す雰囲気は間違いなく似てると思う。で、その雰囲気を決める重要なファクターは目かなと。藤井四段の表情がない中の小さくも鋭く冷静な眼光、沢尻エリカの目を見開いた時の威圧感、小保方さんの素朴な顔の中で目が真ん中に寄ってる感じなど。貴乃花に似てる人は実は女性で、あの力の抜け切った感じで目を見開く何かを悟ったかのような表情を一瞬する。
因みに寺山修司坂本龍馬は目が似てるだけで、目力みたいなものがない人間的に良い人笑

自分も少なからず似てる人を言われる。ミスチル、イノッチなど。お分りかと思うが、笑うと目がない人達である。このことからも人は目を見て、その人を判断してるように思う。自分も人を判断する時は無意識的にも意識的にも目で印象を判断してる。目力強い人と黒目の小さい人は何か苦手だ。笑顔見ても違和感を感じるかどうかは目で分かる。「目は口ほどに物を言う」という言葉もあるから真理なんだろう。余談だが、うちのバンドのメンバーの一人は嘘をつくと目が泳ぐのですぐ分かる笑

そう考えると人に惹かれるというのは、その人の目が好きかどうかなのかもしれない。好きな子の目を見ると吸い込まれそうになる、個人的に笑  瞳と瞳が合って、そのまま何かの力によって近づいていく、例えるならSF映画の宇宙船に小型機が誘導され格納されるシーンで、小型機のモニターに宇宙船の格納位置が表示され、そこの位置にスコープを合わせながら着陸するような。わかりづらいか笑
また目と言えば男に多い、目が合っただけであの子自分のことが好きなんじゃないかという勘違い。かわいい子見つけて、ちょっと遠くから見つめてると、視線が合っちゃうことは多々ある。向こうは警戒してるだけなのにね。目とは不思議。ものすごく動物的。

ここのところの僕の一番の悩みは、心の状態が目にどストレートに現れることだ。よく人からつまらない?と聞かれる。確かにつまらないんだけど、余計な気を遣わせてるのが嫌で。目についてはいろいろ思うところがある。子供の頃いつもニコニコしてたので、何がおかしいんだって先生に叩かれたこともあるし、ほんわか系だったので多少目力ないと舐められるなと考えたこともある。最近は他ごとを考えてる時、どうも無意識的につまらなさそうな顔をしてるようだ。表情は自分では見えない分気をつけないと。それで人から引かれるんじゃね。穏やかな顔の研究でもしますか。理想はタイの仏像のようにニッコリと微笑んで。

昼に長い列に並んでラーメンを食べた。しかも大盛り。
食べ終わった後、水を飲みながら下に目をやるとズボンに一点シミが付いてる。ラーメンの汁だ…あんなに注意して食べたのに。ちょっといいズボンだったからショック。

食べ方については、褒められることが何一つない。汁は飛ばす、箸の持ち方下手、箸から食べ物を落とす、食べながら喋る、クチャクチャ食べる、唾飛ばす、ヨダレ垂らす、お茶こぼす…キリがない。

「人は変えることはできないが、自分は変えられる」なんて言葉を何かの本で見た。別に食べ方についての言葉ではないが、いずれにしろ変わる努力をしなければ。そんなことからも汁を飛ばさないよう最近工夫を試みるようにしてきた。

ラーメンが到着したら先ず食べられる範囲でできるだけテーブルの奥の方にラーメンをセットする。
次に自分の体をピタリとテーブルにくっ付けてズボンをテーブルの下に完全に隠す。
そしていざ食べるときはセットしたラーメンの器に口を近づけ、ラーメンの中身をその距離のまま、なるべく器の内側を沿わせるように口の中に吸い込ませる。これでシャツに飛ぶリスクは激減する。
つまり相当前屈みになってラーメンを食べてる。側から見たらどんなふうに見えてるんだろう。そんな人見たことないからわからない。

汁が飛ぶ最大の要因は二つで、箸で麺などを持ち上げる時にそれが弾けたり落ちる時と、ズルっと口の中へ啜る時である。
この試みによりラーメンとの距離を最短にし、弾く、落とす、啜るの汁飛ばしリスクを低減させる。勿論カレーうどんにも有効である。ただし難点もある。麺との距離が近すぎるが故に、口の中が火傷する笑

話を戻す。じゃ何で今回汁が飛んだのだろう。隣のやつを一瞬疑ったが、人のせいにするのは良くないし、ちょっと心当たりがあった。実は今回完全な形でラーメンをセットできていなかったからだ。
今回食べたラーメン屋は屋台スタイルで、折りたたみができる長机で人と対面で食べるシチュエーションだった。なのでラーメンをできるだけ奥に遠ざけることが机の幅の関係上できず、更に自分の体も同様にピタリと机にくっ付けることができず、ズボンを机の下に隠すことができなかった。唯一できたのがラーメンと口との距離を最短にする事だけだったが、何せ大盛りを頼んだので具沢山である笑 途中食い切れない状態になり、集中力も切れたんだろう。器と口との距離は空いた。その少しの油断から汁が飛んだんだろうと推測する。

人は隙を見せると付け込まれる。特に勢い乗っている(勢いよく啜ってる)ときは。気を付けましょう笑

 

風は吹いている

「AKB総選挙で指原3連覇、まさかの結婚報告」

先日名古屋栄のHMVに行った。店のレイアウトが変わってる。いつもの場所に洋楽コーナーがなかったので、どこかなと探し始めて唖然とした。洋楽コーナーが縮小されてる!!!
その分JPOPのコーナーとファンイベントスペースが広めにとられてる。
「確かに最近洋楽勢いないしなぁ。洋楽だろうと邦楽だろうと昔ほどの差もないし、JPOPのレベルもあがってるのでわざわざ洋楽聴く必要もないのかなぁ。前インド行った時もインド人は若い子でもインドの音楽しか聴かないと言ったもんなぁ。毎日カレーしか食べないとも言ってたし笑…」

そしてその数日後、
「おっSpotify今なら3ヶ月100円でプレミアムが利用できる。入りたかったからちょうどいいや。スマホに入れよう…
げっ何これすごいじゃん。こんなのだったらCD買わなくてもいいじゃん…」
知ってたのに今更驚いた。まさに百聞一見に如かずだった。


これが僕の最近の印象に残った出来事である。AKB、HMV、音楽定額制がリンクしてることを嫌が応にも気付かされた。
そういう時代であることは、頭では理解して分かってるつもりでいたが、実体験すると案外驚くもんである笑

今回身を以て思ったのは、音楽を買うという人が極端に減ってるということ。CDだろうと配信だろうと。HMVがCDに特典つけてモノを売るという手法を取ってるアイドルを押すのは、経営戦略として当然。いくら外資のCD屋だろうと生き残る為には売れるモノを優先的に売る。

しかし音楽定額制。音楽購入する気完全になくなりました。だって新譜も普通に聴けるんだもん。オマケにプレイリストというDJライクなお勧めまである。アルバムの存在意義すら危ぶまれるんじゃないかと。

このように定額制は聴く側にはいいことまるけだが、アーティスト側にとっては死活問題のように思える。テイラースウィフトみたいな影響力の強い人が、定額制に異を唱えるということもあったが、時代の流れに抗うんじゃなくて、アーティスト側も変わっていかなければならないんだろう。今は何せスマホ中心の時代だから、そのプラットホームに合わせたやり方をするか、それとは全く関係のない部分に価値観を持たせるか。

そう考えると、今後音楽というのは本来あるべき姿に戻るような気がする。音楽を売るんじゃなく、お客さんの前で演奏してお金を稼ぐもしくはパトロンについてもらう。アーティストと聴く側の距離が近くなり、アーティスト側もやり方によっては売れ線で妥協しなくてもよくなる。よく考えてみればこっちの方が正常であり、レコードやCDが売れてた時代が特殊だったのかもしれない。

僕の大好きな映画監督であるデビッドリンチが映画監督を引退するというニュースがあった。今後は有料チャンネルのテレビドラマに活動の場を移すようだ。理由は興行がうまくいく作品を求められるからで、素晴らしい映画の多くが興行がいいわけでなく、興行がうまくいってるような映画は自分はやりたくないと。リンチ監督のようなカルトの要素を持ってる人なら、この選択は当然だろう。興行者が望む作品より、自分が望み支援者も望む作品を作れる環境の方がいいに決まってるから。

このように映画だけでなく、音楽・テレビ・芸術・本など規制などの影響で無難で予定調和だったり、緩いものが多い。過去規制があるが故にそれに反発して新しいものが出てきた側面はあるが、今は規制にプラスして売り上げというものが至上とされる以上、刺激的な新しいものが出てくる可能性は低い。でもメジャーなプラットホームを選ばなくても活動していける道が開ければ、面白いものが出てくる可能性がある。しかもグローバルレベルで。

今の音楽界への変化はアーティストにとって、一見不利に見えるけど、選択肢が増えたのも事実。エンターテイメントの側面でみれば、興行というものは必要だし、今後も存続していくだろう。そして芸術という面での音楽で見れば妥協せずに創作ができるというのはアーティストにとっては好ましいこと。

なんか予期せず語っちゃいましたが、今の変化はアーティスト側も聴く側も選択肢が増えてるということ。まだ自分のバンドはその土俵の上にも上がってない立場だけど、妥協せずに自分らの得意としているカードを武器に創作が続けていけるよう邁進したいと思った次第です。変化に気づいて、戸惑うのでなく一歩を踏み出す勇気は必要ですね。

 

いいトモロー

ブラタモリが名古屋に来る!
歴史的和解!!
名古屋がざわついている!!!

こんな感じの言葉がネットを騒がしてるのを見た。

タモリさんが名古屋のことを揶揄してたことからこんな騒ぎになっている。直接タモリさんが、名古屋の悪口を言っているのを聞いたことはないけど、若い頃のキレッキレのタモリさんなら言いそう笑 「みゃーみゃーうるさい」とか言ってたみたい。

もちろん今回のブラタモリ 名古屋編を拝見した。どうせ名古屋に好感を持ってないんだろうなとヤキモキしながら見た。なのに名古屋の友人が多いとか、まさかのネイティヴレベルな名古屋弁を披露するなど、因縁のある名古屋の番組冒頭で名古屋人の心をギュッと掴んでしまった。すごいよ、この人。

この心をギュッと掴むということ。これができると世の中上手に渡っていける。どの世界でも一線でやってる人は、この能力に長けてる。

人の心をギュッと掴むということは、自分が思うに、
わかりやすいこと、
わざとらしくないこと、
人が求めていることをさらっとやれる事、
ノリがいい(ポジティブ)こと、
思いやりがあること、
人が何となく気になっていることに知見があること。
これらのことができれば、あの人に仕事お願いしたいと思わせるので、どのような業界だろうとお呼びがかかる。

人の心がギュッと掴めない人は、いくら仕事ができたり、才能があっても一時的に良い時はあったとしても、ある時から声がかからなくなり、消えていく人が多い。特に調子乗ってる勘違いな人間や堅物な人間はどうもみんな嫌いなようで。

そのジャンルでトップに君臨している人は、才能にプラスしてこういう能力にも長けてるんだろう。

今はかなりタモリさんのファンであるが、実は小さい頃はタモリさんが苦手だった。まぁやってることが余りにも大人向けだったのと、毒舌で若干キレ芸ぽいという前向きな笑いではなかったから。世間的にもタモリさんは愛されキャラではなかった。しかし今はご存知の通りである。

今のタモリさんは前向きに物事を捉える人である。好き嫌いが激しい人のはずなのに最近では批判的な言葉をあまり聞いたことがない。どちらかと言えば人の気付かないところに気付く褒め上手である。突っ込みどころのある人間は大好物みたい笑
歳をとって自然とそうなったのか、意識してそうなったのか。個人的には後者だと思う。なかなか人間性格は変えれないし。

タモリさんの恩人である赤塚不二夫さん(天才バカボン、おそ松くんなどの作者)の葬儀でのタモリさんの弔辞は、何も書いてない用紙を持って読み上げてたことでも当時話題になった。その一文で赤塚さんのことを
「あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。」
と言っている。
世の中には自分の好きなこと以上に、気に入らない、嫌なことの方が多い。それに対して文句言って切り捨てるより、前向きな笑いに昇華させた方がいい。特に人に対してならWIN WINな関係になれる。タモリさんは弔辞の最後に「私もあなたの数多くの作品の一つです」と締めくくってる。

世界的に排他的な潮流になってる。日常に対して悲観的で余裕がないから他の弱い人に当たるんだろう。前向きな笑いというのが、こういう嫌な流れを変えていくだけの力を持っているような気がする。いいお手本もいるんだし。
コミュニケーションツールとしては音楽よりもお笑いの方が上だ。

今回名古屋人も笑ってタモリさんを許したんだろう。

 

悪そうな奴は大体友達

初めての人と会うとき、第一印象でその人がいい奴そうなのか悪そうな奴なのか大体わかる。

悪そうな奴…
子供の頃は行動範囲が学校だけなので、いい奴だろうと悪そうな奴だろうと友達付き合いせざるを得ない。特に悪そうな奴とは上手く付き合って(対処)いかないと、酷い学校生活を送る羽目になる。しかし心が打ち解ければ、中々エキサイティングな楽しい経験(イリーガル含め)もできるし、親分肌な分いつも目にかけてくれ面倒見もいい。

以上が悪そうな奴についての、個人的な想い。悪そうな奴は仲良くなればいい奴である。しかし悪い奴とはできれば出会いたくないし付き合いたくない。悪そうな奴と悪い奴は全然違う。

悪そうな奴はパッと見で分かっても、悪い奴は中々見分けるのは難しい。第一印象がいい分好印象だし、特に一度信頼関係が構築されてしまうと、気付かぬまま悪い奴の思惑にはまっていく。

なんで今回こんな事を書いているかと言うと、10年来の付き合いがあった店の社長とトラブったから。事の詳細は書かないが、簡単に言うとこちらが依頼した事を、半年放置したまま何も対応しなかった。信頼してたから遅くなっても待ってたが、まさか半年放置され、居留守もされ、逆にその遅延理由を自分のせいにされそうだったから…
結局依頼内容を解除して、他の店でお願いした。その店だと1週間で済んだ。

トラブった店とはそれ以上揉める事なく済んだので良かったが、こんなくだらない事で悩まされたのだからたまったものじゃなかった。一目置いている人だったし、ちょっとしたファンだっただけに悲しかった…

悪い奴。
これをどう見極めるか。
みなさんのご意見も聞いてみたいなぁ。自分が経験的に思うに、喋りが上手くこっちの心を高揚させるのに長けてる人間はそうなのかなと。要は乗せ上手。乗せて自分の思うようにコントロールする。よいしょレベルであれば、全然無視できるんだけど、カリスマ性というかファンにさせてしまう気質の人、カッコいいと思わせてしまう人、これが厄介。今回トラブった社長もそんな感じの人。

自分はあまり人を信用しない反面、人に心酔してしまうアンビバレントな人間なので、人に騙されることはあると認識している笑

こういったカリスマ性も、その熱意がいい方向のものでなく悪い方向のものにぶち当たると、ブラックな世界に踏み入れることになりかねない。決してそこの神には逆らえない。信じてしまう。

今回は僕の一途な信頼のもと、相手が胡座をかいてた、つまり舐められてたと思う。いくら信頼関係があっても、何かその対応に違和感を感じたのなら、何か対処をしなければならない。特に今回は金が絡むことなので、相手に任せすぎてた自分も悪い。

今までこういうような内容は、笑いに変えることが難しいので、できるだけ書かないようにしてきた。人のことを分かったかのように書くのも嫌だし。
もしかしたら相手にそうせざる理由があったかもしれない、そんなこと何も感じないサイコパスなのかもしれない。
結局のところは信用するしないは自己責任であり、直感。なので今回はいい勉強になったと思いたい。今回は自己反省を込めて書きました。

こんな嫌な文章なり歌詞書きたくないなぁ。でも書くんだろうなぁ、嫌な事書くのはホント簡単だし涙

 

STAY GOLD

カードのポイント。
全く興味がなかった。それどころか自分がいつ何をどれだけ買ったかという情報と引き換えにポイントをもらうと言うことに、拒否反応があり避けていた。

しかし世の中巧妙である。ポイント付きのクレジットカードを持たざるを得ない状況となり入会してしまった。そして特典としてそこそこのポイントが端から付いてきた。

ドコモのdカードというカード、しかもゴールド。こっちも納得して持ったのだから特に文句はない。しかし冷静に考えるとまんまと持たされた感が…


このカードのいいところは、携帯電話が壊れた場合の補償がついてるところだ。カードの年会費は1万円かかるが、今まで月に千円携帯電話の保険代を払ってた訳だから、年計算でそれより安くなる。しかも携帯電話の利用料金の10%がdポイントとして還元され、提携している店でそのポイントで買い物ができる。また先にも書いたが入会時にポイントが付く。
更に憎らしいのが、ゴールドカードであるということ。ちょっとしたステータスを手にした感覚に陥る。財布の中でキラッと輝くゴールド。空港のラウンジが無料で利用できるようだ。うーん空港に用もないのにこの無駄なハイソ感笑

カードの年会費を払っているが、実質前払ってた保険代で相殺され、更にカード使用料に対してポイントが付き、しかもゴールドカードである。

これによってぼくの生活が変わってしまった。
ポイントが気になるのである。

ポイント確認用のアプリを入れたことがそもそもの原因なのだが、ポイントが日に日に増えていくのがなんだか嬉しい。
いやそんなタイプの人間じゃなかったのに…

支払い時の支払いもゴールドカードで払うのがなんだか楽しいのである。
いやそんなタイプの人間じゃなかったのに…

人間頑なに拒んでたことが、あることをきっかけにガラッと考え方やポリシーを変えてしまうことがある。

スマホ批判してガラケーだった人。昔男っぽく硬派だった人。昔バブリーな買い方してた人。

今じゃスマホでゲームで使うメモリが足りないなんて文句言ってるヘビーユーザーだし、嫁の言いなりだし、断捨離にはまっているし。

一見インパクトのない出来事により、自分の気付かない部分で変化が生じて、それにより人が変わってしまうということはあるのだろう。昔はあんな人じゃなかったのになぁってやつ。
しかし巧妙な手段でゴールドカードを持たされ、まんまと踊らされている自分。ポイント増やすためにカードを使い続ける自分。煩悩はなかなか乗り越えられない。自分昔はあんな人じゃなかったのになぁ、おかしいなぁ。